ゲジの情報

ゲジの特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > 歩行害虫の情報 > ゲジの情報

ゲジ、歩行害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

ゲジの特徴と生態

ゲジの写真

体長…20〜25o
体色…灰黄色で、背面に灰緑いろの3縦条がある
ゲジゲジと呼ぶ人が多く、長い脚と触覚を持ちます。
肉食性で、小型の昆虫やクモなどを捕えて食べるため動きは俊敏です。また、夜行性で、昼間は石の下や草むらなど暗く湿った物かげに潜んでいますが、夜間はかなり広範囲に活動します。寿命は5〜6年です。
脚は、鳥などの外敵に襲われると、トカゲの尾と同じく自切することができますが、脱皮により再生します。

ゲジの分布と発生場所

日本に広く分布しており、草むら、石や落ち葉の下、洞窟、床下などに生息します。また、コンクリートの割れ目内に生息することもあるため、工場など建屋内で生息することもあります。

ゲジのサイクル図

ゲジの分布図

ゲジのサイクル図

ゲジの分布図

ゲジの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

ゲジの被害

ムカデに似ていることから恐れられていますが、ムカデのように咬むなどの被害はありません。春から秋にかけて、餌を求めたり、越冬のために家屋内へ侵入することがあります。

ゲジの駆除

屋内に侵入してきたものは、ゴキブリ駆除用スプレーを直接噴きかけることで退治することができます。 ゲジ類は徘徊しながら屋内へ侵入をしてきますので、入ってきては困る場所を取り囲むように殺虫剤を散布します。殺虫剤は、有機リン剤やカーバメート剤の粉剤や粒剤を帯状に散布します。この際、雨が当たらない場所に処理すると効果が持続します。また、床下や家周辺に生えている草むら、廃材やがれきの下などが住みかとなっている場合がありますので、これらを除去することで、ゲジがすみにくい環境をつくることも必要です。 その他、古い家屋に多いのですが、天井裏や床下が生息場所になっている場合があります。この場合は、煙霧処理やくん煙剤、加熱蒸散剤などの処理を行うことが効果的です。

ゲジ以外の歩行害虫

ゲジ、歩行害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ