エンマコオロギの情報

エンマコオロギの特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > 歩行害虫の情報 > エンマコオロギの情報

エンマコオロギ、歩行害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

エンマコオロギの特徴と生態

エンマコオロギの写真

成虫体長…20〜25o
体色…黒褐色
幼虫体色…黒褐色
卵体長…約3o
体色…黄白色
頭は球形で白色の班文があり、複眼の背後方でせばまりほとんど消失します。本州以北では年1回の発生で、卵で越冬し、成虫は8〜11月に現れます。雌には長い産卵管があり、長さは約21oになります。雄は翅をこすり「コロコロ・・・・・・リー」と美しい音色で鳴きます。本種は雑食性であり、草や小虫、ミミズなどの小動物を食べます。

エンマコオロギの分布と発生場所

北海道・本州・四国・九州に分布します。エンマコオロギはかつては1種とされていましたが、現在は3種に分けられており、本州北部から北海道のものはエゾエンマコオロギ、本州以南の暖地ではタイワンエンマコオロギと分別されます。成虫・幼虫ともに河原や草地・畑にすみ、卵は地中に産卵します。

エンマコオロギのサイクル図

エンマコオロギの分布図

エンマコオロギのサイクル図

エンマコオロギの分布図

エンマコオロギの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

エンマコオロギの被害

家屋へ侵入し不快感を与えます。また、雑食性で野菜も食べることから、畑地の害虫になることもあります。

エンマコオロギの駆除

家屋への侵入を防ぐため、建物の周囲にコオロギの棲みかとなるような草を生やさないように環境を整備することが大切です。庭でコオロギを見かける場合には、建物の周囲に不快害虫用の粒剤を帯状に散布することで侵入を防ぐことが出来ます。

エンマコオロギ以外の歩行害虫

エンマコオロギ、歩行害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ