ダンゴムシ(オカダンゴムシ)の情報

ダンゴムシ(オカダンゴムシ)の特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > 歩行害虫の情報 > オカダンゴムシの情報

ダンゴウムシ(オカダンゴウムシ)、歩行害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

ダンゴムシ(オカダンゴムシ)の特徴と生態

ダンゴムシ(オカダンゴムシ)の写真

体長…約14o
体色…青灰色で、光沢がある
体全体が丸みを帯び、刺激を受けると体を折り曲げて球状になる特徴があることからダンゴムシと呼ばれます。
基本的には枯れ葉やミミズ、昆虫の死骸などの腐敗の進んだ有機質を食べますが、口器が強く、植物の新芽も食べるので、農作物の害虫としても知られています。沿岸、湿地、森林、洞穴など生活範囲は広範囲にわたります。夜間と朝方に活動をし、昼間は湿った物陰に集合して隠れています。

ダンゴムシ(オカダンゴムシ)の分布と発生場所

北海道や東北地方には少ないですが、関東以南には普通に見られます。
人家の周囲に多く、庭や公園、荒地などでみられ、朽木、枯れ葉、石や植木鉢の下、石垣の間などに生息しています。乾燥に弱く、常に土の含水量が20%程度の場所を好みます。

オカダンゴムシのサイクル図

オカダンゴムシの分布図

オカダンゴムシのサイクル図

オカダンゴムシの分布図

ダンゴムシ(オカダンゴムシ)の発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

ダンゴムシ(オカダンゴムシ)の被害

農作物への被害があるほか、梅雨などの湿気が高い時期や春先に、床下などで越冬していた個体が越冬場所から脱出する際に部屋に侵入してくることがあります。

ダンゴムシ(オカダンゴムシ)の駆除

建物の周辺などに草地や木材などがある場合、隠れ場所となるので除去します。
また、オカダンゴムシは、春と秋の年2回活動期がありますが、秋の対策に重点を置きます。越冬する個体が家屋内へ侵入してきますので、秋のうちに庭に面した窓の下や縁台の下に粉状の薬剤を散布しておきます。また、オカダンゴムシは水分の少ないものでも食べるので、併せてカーバメート系殺虫剤を含む市販の毒餌を散布しておくのも良いでしょう。その他、窓の隙間やレールが越冬場所になることもありますので、忌避効果のある薬剤を塗布しておくのも効果的です。

ダンゴムシ(オカダンゴムシ)以外の歩行害虫

ダンゴムシ(オカダンゴウムシ)、歩行害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ