ドクガの情報

ドクガの特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > 樹木害虫の情報 > ドクガの情報

ドクガ、樹木害虫の害虫駆除 お電話・ファックスでの問合せ

ドクガの特徴と生態

ドクガの写真

成虫体長…雄:10〜14o、翅長:22〜30o
雌:12〜15o、翅長:30〜40o
体色…前翅の中央に「くの字」状の紫褐色の帯状紋が
あり、その両側縁は白色鱗粉が多く、白く隈取
られたように見えます。先端付近には2個の黒
点を持ちますが、無いものもいます。
体形…触角は雌雄とも櫛歯状で、雌の方が短いです。
雌の腹部は太く、尾端背面には長い尾房毛を
持ちます。
幼虫体長…1齢:約2o、終齢:30〜40o
体色…1齢では頭部は黒褐色、胴部は黄色をしており、齢期が進むにつれ褐色を帯びます。終齢幼虫は、全体が黒色毛で覆われ、胸部中央背面や腹節中央部、胸・腹部下部側面、第9腹節気門上下線は橙黄色となります。
体形…2齢になると第1腹節に毒針毛の叢生部が黒斑として現れ、以後齢期が進むにつれ各節に増加していきます。終齢幼虫では、毒針毛は600万本になると言われています。
年1化の発生で、成虫は6〜7月に出現します。卵は、卵塊として植物の葉裏に200〜700個産み付けられ、尾房毛で覆われます。幼虫の経過齢数は、気温、食草などで異なり、11〜17齢で終齢となります。幼虫は、越冬前までは群居性を持っていますが、終齢に近づくと分散し、この時期、毒針が最も発達しており、非常に危険な時期となります。蛹化は、木の幹の窪みや下草などで行われます。

ドクガの分布と発生場所

北海道、本州、四国、九州に分布しており、平地や低山地でよく見かけられます。幼虫は、サクラ属、バラ属、クヌギ属などの植物100種以上に発生し、主な発生樹種としては、サクラ、ウメ、モモ、バラ、カエデ、ツツジ、ケヤキ、フジなどが挙げられます。

ドクガのサイクル図

ドクガの分布図

ドクガのサイクル図

ドクガの分布図

ドクガの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

ドクガの被害

ドクガの毒針毛は、幼虫、蛹、繭、成虫に持ちます(ただし、卵塊を覆っている尾房毛にも毒針が付着しています)。毒針毛に触れると、皮膚に痒みと発疹が生じ、激しい痒みを伴うじん麻疹様の皮膚炎(ドクガ皮膚炎)を起こすこともあります。場合によっては、頭痛や発熱を伴うこともあります。刺されると数時間後にピリピリとした感じと強い痒みを感じ、症状は2〜3週間続きます。
多い被害として、ドクガが街灯に多数飛来し、その時に撒き散らされた体毛や鱗粉とともに、毒針毛が皮膚にすり込まれることによって起こることがあります。しばしば大発生することが知られ、過去に多数の被害を出したことがあります。

ドクガの駆除

幼虫が群生している枝を見つけた場合、すぐに葉や枝を切り落として下さい。また、幼虫の活動が活発になる春先は、草刈を行い、餌や生息場所をなくしましょう。その際必ず肌は露出せず、皮膚を守って下さい。
薬剤を用いて駆除を行う場合は、毛虫用の薬剤が市販されていますが、スプレータイプは毒針毛を飛ばしてしまうので好ましくないでしょう。大発生している場合は、専門業者に依頼し、駆除を行ってください。
なお,被害に遭ってしまった場合には、毒針毛に触れた部位はこすらず、セロハンテープ等を静かに当てて、毒針毛を取り除き、その後被害部位を流水で洗い流してください。皮膚炎を起こした時には、抗ヒスタミン剤含有のステロイド軟膏を塗ってください。症状がひどい場合には病院に行きましょう。

ドクガ以外の樹木害虫

ドクガ、樹木害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ