ダイコクシロアリの情報

ダイコクシロアリの特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > シロアリの情報 > ダイコクシロアリの情報

ダイコクシロアリ、シロアリ、白蟻の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

ダイコクシロアリの特徴と生態

ダイコクシロアリの写真

体長…女王アリ:10o
羽アリ:5〜6o
兵アリ:4〜5o
働きアリ:5〜7o
体色…羽アリ:黄褐色(羽の色は無色と・半透明)
兵アリ:頭部は黒色、頭部以外にはほぼ乳白色
働きアリ:乳白色
頭部がよく発達しており、前面から見ると裁断状で、体長の約1/4位の長さに及びます。外敵が侵入した場合に、頭部で坑道を塞ぐのが本種の特徴です。
湿気は嫌いですが、乾燥にきわめて強く、水がなくても生活ができるので、乾燥状態の木材でも分散して生息が可能な種です。
コロニーは小さく特別に加工した巣や蟻道を造ることはありませんが、加害習性はアメリカカンザイシロアリによく似ていて、乾材に穿孔して小集団でくらし、孔道の口から砂粒状の糞を出します。 群飛時期は、5〜8月の夕方から夜の間で少しずつ何回にも分かれて群飛します。羽アリは、走光性で光に集まる習性があり電灯によく集まってきます。

ダイコクシロアリの分布と発生場所

ダイコクシロアリは現在のところ沖縄県に集中しており、奄美大島以南,東京都小笠原諸島にも生息しています。本州にはまだ侵入していませんが、冬に暖房する地域ではさらに北方でも生息が可能です。

ダイゴクシロアリのサイクル図

ダイゴクシロアリの分布図

ダイゴクシロアリのサイクル図

ダイゴクシロアリの分布図

ダイコクシロアリの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

ダイコクシロアリの被害

家庭内では、ピアノ、木製ステレオ、古家具等を食害し、建築物では文化財や乾材を食害します。文化財害虫として知られています。

ダイコクシロアリの駆除

完全な駆除を行うためには、薫蒸処理が必要となり、個人での駆除は難しいため、専門業者に依頼されることをお勧めします。

ダイコクシロアリ以外のシロアリ

ダイコクシロアリ、シロアリ、白蟻の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ