ハヤトビバエの情報

ハヤトビバエの特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報をお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > ハエの情報 > ハヤトビバエの情報

ハヤトビバエ、ハエの害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

ハヤトビバエの特徴と生態

ハヤトビバエの写真

成虫体長…1〜3o
体色…黒色〜黒褐色
幼虫体色…乳白色
蛹体色…褐色
成虫の後足のふ節は、第1節が幅広く短いのが特徴です。成虫は、飛翔力が弱く、発生源付近に多く生息します。光によく誘引されます。

ハヤトビバエの分布と発生場所

日本全国に分布しています。通常、林床の落ち葉中や湿地帯などに見られ、家畜の糞や死体、腐敗した植物、浄化槽のスカムなど腐敗の進んだものから発生します。屋内においては、食品屑、ネズミの糞、地下排水施設の漏水箇所などから大量発生した事例があります。

ハヤトビバエのサイクル図

ハヤトビバエの分布図

ハヤトビバエのサイクル図

ハヤトビバエの分布図

ハヤトビバエの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

ハヤトビバエの被害

食品工場、飲食店内で発生することがあるため、製品に付着し、異物混入として食品衛生上問題となることがあります。一般家庭においても家屋付近の発生源から発生し、風に飛ばされるなどして、建物内へ侵入し、不快の原因となります。

ハヤトビバエの駆除

発生源が分かっている場合は、原因を取り除き、清掃を行ってください。成虫には市販のハエ駆除用スプレーなどを噴きかけます。
予防策としては、建物周辺にある発生源を除去します。屋内においては、日常的な点検・清掃管理が重要です。
また、食品工場、飲食店においては窓の金網の目を細かくする、人や物品の出入口に捕虫器を設置するなどの、侵入防止対策が必要です。浄化槽などから発生がある場合は、専門業者に連絡し、清掃・薬剤処理を実施して下さい。

ハヤトビバエ以外のハエ

ハヤトビバエ、ハエの害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ