HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > 食品害虫の情報 > マメゾウムシの情報

コクゾウムシ、食品害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

マメゾウムシの特徴と生態

マメゾウムシの写真

成虫体長…2〜5oほど
体色…黒色から赤褐色で、種類によって斑紋の入り方
が様々です
幼虫体長…3〜6oほど
体色…乳白色や黄白色
蛹体長…2〜5oほど(アズキゾウムシで2〜3o)
体色…乳白色や黄白色
卵体色…乳白色や黄白色
体は卵形または楕円形をしており、上翅背面は平らで、毛または鱗片で覆われています。複眼は前縁から深く切れ込み、C字状を成しています。また、その切れ込み部分には11節から成る触角が付いています。各上翅端は丸く、尾節板が露出します。後脚腿節は前・中脚よりも著しく太くなっています。
卵から成虫までの期間は、温度と湿度が関係していますが、暖かい地方では、年5回以上発生します。光には比較的よく誘引されます。成虫の寿命は、餌を与えないと約2週間で、水やショ糖を摂取すると延命します。野外で花粉などを摂取すると1年以上行き続け、180日間たっても産卵能力を失われません。
マメゾウムシ類は、マメ科植物の莢(さや)か種子を食物としています。卵は豆粒の表面に産み付けられ、孵化した幼虫は豆の中にもぐりこみます。幼虫は歩くことができず、豆の中でのみ成長します。

マメゾウムシの分布と発生場所

日本全国に分布し、マメ科植物を加害し、アズキゾウムシではアズキやササゲ、ダイズ、ソラマメ、エンドウ、ラッカセイなどで成育します。また、海外からの輸入マメ類から発見されることもあり、これまで日本にはいなかった種類も定着する危険性があります。

マメゾウムシのサイクル図

マメゾウムシの分布図

マメゾウムシのサイクル図

マメゾウムシの分布図

マメゾウムシの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

マメゾウムシの被害

アズキやササゲ、エンドウなどの貯蔵豆を加害し、豆類を原料とするあん、もやし、甘納豆などで異物混入となることがあります。野外で幼虫が入った加害豆をそのまま収穫し、貯蔵庫に持ち込まれると、その中で繁殖し、被害が広がることがあります。屋内では、餌がある限り1年通して発生します。

マメゾウムシの駆除

圃場での防除は、マメゾウムシの産卵時期に殺虫剤を散布することが有効です。被害豆が見つかった場合はすぐに取り除いてください。保管の際は、侵入を防ぐために密閉容器にて保管し、繁殖を抑えるために低温で貯蔵するようにしてください。また、豆に油(大豆油やゴマ油など)を混ぜることで、産卵を予防することもできます。
大量の豆の処理については、くん蒸を行うことが一般的です。さらに日常管理として、定期的に被害の有無を確認し、床に落ちている豆などは清掃によって除去するようにしましょう。

マメゾウムシ以外の食品害虫

コクゾウムシ、食品害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ