コクゾウムシの情報

コクゾウムシの特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > 食品害虫の情報 > コクゾウムシの情報

コクゾウムシ、食品害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

コクゾウムシの特徴と生態

コクゾウムシの写真

成虫体長…2.3〜3.5o
体色…赤褐色〜黒褐色
幼虫体長…0.2〜0.6o
体色…乳白色
蛹体長…3o前後
体色…半透明乳白色〜黄白色
成虫はゾウの鼻のような長い口吻を持つことが特徴で、見た目ですぐ判断ができます。飛ぶことができますが、普段は暗所を好み、穀物に侵入して加害します。また、幼虫は、産み付けられた穀粒内で成長します。成虫は秋になって気温が低下すると、倉庫周辺の古材木、薪、藁や籾殻などの間、板の隙間などの温度変化が少なく、多少湿った場所を選び越冬します。幼虫は穀粒内で越冬します。

コクゾウムシの分布と発生場所

熱帯から温帯にかけて広く分布しており、日本全土に生息します。
小麦、大麦、トウモロコシや米、玄米の健全な貯穀から発生し、現在では専ら倉庫や製粉所内からの発生が多く見られます。

コクゾウのサイクル図

コクゾウの分布図

コクゾウのサイクル図

コクゾウの分布図

コクゾウムシの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

コクゾウムシの被害

特に小麦、大麦、トウモロコシや米などの貯蔵穀物を加害し、また、加工食品(干めん、マカロニ、切いもなど)も加害します。そのため、食品内への異物混入や家での米類への混入が多く見られます。

コクゾウムシの駆除

穀物残渣、屑、粉などのエサとなるものを清掃してください。また、穀類は15℃以下の低温で貯蔵することや、容器に入れるなど侵入防止も必要です。屋内で多く見られるときは殆ど付近で発生していますので、隈なく発生源を探してください。また、穀類などが食べられていたら幼虫が穀類内にいる危険性がありますので、処分されることをおすすめします。

コクゾウムシ以外の食品害虫

コクゾウムシ、食品害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ