ケラの情報

ケラの特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > その他の害虫の情報 > ケラの情報

その他の害虫の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

ケラの特徴と生態

ケラの写真

成虫体長…30〜35o
体色…茶褐色
全体的に茶褐色で、金色の短い毛が密集しています。太く頑丈でモグラの前足のように発達した前肢を有し、前翅は短く、長すぎない後肢で、土を掘り進む作業に適した体型をしています。湿った土中にトンネルを掘り、「ボー」と低く続けて鳴きます。雌は5〜7月頃に産卵し、数10〜300個程度の卵を産みます。母虫は孵化するまでつききりで保育にあたり、餌を運び込んだりします。孵化した幼虫は集団で棲み、9〜10月に羽化して成虫で越冬します。本種は雑食性で、後翅は長くよく飛び、灯火に飛来することがあります。

ケラの分布と発生場所

全国に分布します。
河原や草原、田畑の土中に巣穴を掘って地中生活をします。また、乾燥した硬い土よりも、水分を含んだ柔かい土壌を好みます。石や敷き藁の下に潜んでいることもあります。

ケラのサイクル図

ケラの分布図

ケラのサイクル図

ケラの分布図

ケラの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

ケラの被害

農作物の根などの地下部分を食害します。
地中に孔道を作ることによって土壌を攪拌し、通気性や通水性を高める作用もありますが、害虫としての作用が大きいと考えられています。

ケラの駆除

主に土中に生息するため見つけにくいですが、敷き藁などケラの隠れ処となるものを除去し、成虫・幼虫ともに発見したら速やかに取り除きます。また、土壌に卵を産み付けている可能性もあり、土壌害虫用の粒剤や乳剤を作物の周囲に散布しておくと効果的です。

ケラ以外のその他の害虫

ケラの害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ