カメムシ(クサギカメムシ)の情報

カメムシ(クサギカメムシ)の特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > その他の害虫の情報 > カメムシ(クサギカメムシ)の情報

カメムシ(クサギカメムシ)の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

カメムシ(クサギカメムシ)の特徴と生態

カメムシ(クサギカメムシ)の写真

成虫体長…14〜18o
体色…暗褐色で黄褐色の不規則な斑紋
幼虫体長…約2.4o
体色…黒色 腹部は黄赤色
卵の体長…長さ約1.6o 幅1.3oの楕円形
体色…淡黄褐色
成虫は家屋、積み重ねた木材、樹皮の隙間などに潜入して越冬します。4月頃に越冬場所を離脱し、付近の樹木に飛来して交尾します。5月下旬〜6月上旬、クサギなどに産卵します。幼虫は6月中旬から見られ、新成虫は8月中・下旬から出現します。

カメムシ(クサギカメムシ)の分布と発生場所

北海道を除く、本州、四国、九州、沖縄本島、石垣島、西表島などに広く見られます。本種が繁殖する寄主植物は、クサギ、クワ、コウゾ、ケヤキ、ノブドウ、サクラなどがあります。越冬成虫はモモ、ナシ、リンゴ、オウトウ、ビワなど、新成虫はカキ、ブドウ、ミカンなどに飛来します。

カメムシ(クサギカメムシ)のサイクル図

カメムシ(クサギカメムシ)分布図

カメムシ(クサギカメムシ)のサイクル図

カメムシ(クサギカメムシ)の分布図

カメムシ(クサギカメムシ)の発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

カメムシ(クサギカメムシ)の被害

10月下旬から11月上旬頃、越冬のため家屋に大量飛来し、強い悪臭を放ちます。またダイズ、ササゲなどのマメ類やミカン、カキ、ウメ、ナシ、モモ、サクランボ、ビワ、リンゴなどの多くの果樹を吸汁するので、農業害虫としても重要視されています。

カメムシ(クサギカメムシ)の駆除

対策としては、屋内への侵入防止を図ることが有効です。窓の開閉管理や網戸の設置、また外壁や窓枠、換気口周りにエアゾールを噴霧し虫を寄せ付けないようにします。室内に侵入したカメムシは、エアゾールを直接噴霧して駆除するか、刺激しないよう捕まえて外に放す等してください。

カメムシ(クサギカメムシ)以外のその他の害虫

カメムシの害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ