ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の情報

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > その他の害虫の情報 > アオバアリガタハネカクシの情報

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の特徴と生態

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の写真

成虫体長…6.5〜7o
体色…前翅は藍緑色、
胸部と腹部(腹端は除く)は黄赤色、頭部や腹端は黒
幼虫体長…3.3〜5.9o
体色…体表は白色だが、全体的に黒色の剛毛を有す
蛹の体長…4.1〜4.8o
体色…乳白色
卵の体長…(孵化直前で)長径0.67〜0.83o、
短径0.62〜0.75o
体色…黄色を帯びた白色、孵化直前は暗黄褐色
成虫・幼虫ともに雑食性ですが、肉食性の傾向が強く、他の昆虫類やダニ、植物のやや腐敗したものなどを食べます。成虫はよく飛翔し、灯火、特に蛍光灯や水銀灯によく飛来します。
また、卵、幼虫、蛹、成虫とも体液に有毒なペデリンを有しており、これに触れると数時間後に赤く腫れ、まもなく水泡が生じます。

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の分布と発生場所

日本全土に分布しています。水田の周囲や池沼、畑、川岸など湿潤な草地などに生息しています。

アオバアリガタハネカクシのサイクル図

アオバアリガタハネカクシの分布図

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)のサイクル図

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の分布図

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の被害

体に止まった成虫を払いのけた際に線状皮膚炎を起こしたり、目に入ると激しい痛みがあり、結膜炎、角膜炎、虹彩炎を起こします。

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の駆除

体に付着した場合や屋内に侵入してきた場合には、むやみに素手で触らないように取り除くか、市販のエアゾール剤にて殺虫します。また、光への誘引を防ぐために、夜間は窓を閉める、網戸にするなど開放しないよう注意しましょう。体液が皮膚に付いたらよく水で洗い、ステロイド軟膏を塗って冷やします。目に入った場合には早めに水で洗い流し、すぐに病院に行きましょう。

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)以外のその他の害虫

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ