ハナアブの情報

ハナアブの特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > その他の害虫の情報 > ハナアブの情報

ハナアブの害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

ハナアブの特徴と生態

ハナアブの写真

成虫体長…14〜15o
体色…頭・胸は黒褐色、腹部は黄赤色、
腹部末端は黒色
幼虫体長…20o
体色…黄褐色
アブという名前がついていますが分類上はイエバエ類に近く、吸血行動はしません。
成虫は体に縞模様があり、一見ミツバチに似ています。翅は2枚で、透明・褐色斑を持ちます。花に集まり、花蜜を吸うものや、花粉や樹液、腐食有機物の汁を食すものもいます。
幼虫は水生で尾端に長い呼吸管をもつのでオオナガウジと呼ばれています。排水溝や便池など汚水中に住み、腐食質を食べて育ちます。

ハナアブの分布と発生場所

世界共通種で、日本全国に分布します。幼虫のオオナガウジは排水口や便池など汚水中に発生し、成虫は花に集まります。

ハナアブのサイクル図

ハナアブの分布図

ハナアブのサイクル図

ハナアブの分布図

ハナアブの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

ハナアブの被害

成虫が花に集まって蜜を吸っている姿をミツバチと間違えられることがありますが、ヒトを刺すことはありません。また幼虫のオオナガウジが不快がられますが、成虫は花を訪れて花粉の媒介を行う有益なハエです。
ただし食品を扱う場所への侵入は、衛生面で問題があるため注意が必要です。

ハナアブの駆除

発生源となるような環境を取り除きます。清掃管理を行い、腐敗物やゴミの除去を行ってください。また腐敗した生ゴミや汚物の臭いに誘引されて飛来するため、蓋付のゴミ箱や防虫ネットを利用します。生ゴミや汚水から幼虫が発生した場合には殺虫剤を散布します。

ハナアブ以外のその他の害虫

ハナアブの害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ