ヤケヒョウヒダニの情報

ヤケヒョウヒダニの特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > ダニ・シラミ・ノミの情報 > ヤケヒョウヒダニの情報

アタマジラミ、ダニ、シラミ、ノミの害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

ヤケヒョウヒダニの特徴と生態

アタマジラミの写真

体長…成虫:0.2〜0.4o
体色…成虫:乳白色、口器と脚は薄褐色
生態・形態ともにコナヒョウヒダニに似ていますが、本種の方がやや小型です。非常に微小なダニであるため、ヒトの目で確認することは困難です。
動物のフケやアカ、カビを食べ、メスは1日に1〜3個、生涯で約50個の卵を産みます。卵は6日ほどで孵化し、幼虫になり、その後、第1ステージから第3ステージを経て、成虫になります。その間20日ほどを要し、成虫の寿命は10日ほどです。

ヤケヒョウヒダニの分布と発生場所

コナヒョウヒダニと共に、室内塵に最も普遍的に見られるダニです。
寝具やカーペットなど、フケやアカの溜まりやすい素材の表面や、ヒトの出入りの多い場所からよく検出されますが、動物の体表、巣、ヒトの皮膚、体内からも発見されています。
コナヒョウヒダニよりも若干高い湿度を好みます。

ヤケヒョウヒダニのサイクル図

ヤケヒョウヒダニの分布図

ヤケヒョウヒダニのサイクル図

ヤケヒョウヒダニの分布図

ヤケヒョウヒダニの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

ヤケヒョウヒダニの被害

刺咬性のダニではないため、ヒトやペットを刺すことはありませんが、コナヒョウヒダニと共に、生体・死体・フンなどがアレルギー性皮膚炎や呼吸器アレルギー疾患の原因の一つとされ、9〜11月に多く被害が出ています。
また、ヤケヒョウヒダニが多くなると、捕食者である、ヒトを刺すツメダニの発生を助長してしまうため、注意が必要です。

ヤケヒョウヒダニの駆除

畳や絨毯に発生した場合、乾燥させて叩き(畳は表面、絨毯は裏面から)、その後、表面を掃除機がけし、ダニや糞を除去します。車のシート部分も同じ方法で駆除が可能です。
布団や毛布、ぬいぐるみの場合も、日当たりのよい場所に頻繁に干し、叩いた後、表面を掃除機がけします。また、丸洗いも効果的です。
シーツや衣類は、水洗いで高い効果が得られます。

ヤケヒョウヒダニ以外のシラミ

アタマジラミ、ダニ、シラミ、ノミの害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ