コナダニの情報

コナダニの特徴、生態、サイクル(周期図)、分布地域、発生場所、発生時期、被害状況、駆除方法など有益な情報などをお届けします。

HOME > 害虫相談 > ムシムシ情報 > ダニ・シラミ・ノミの情報 > コナダニの情報

コナダニ、ダニ、シラミ、ノミの害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ

コナダニの特徴と生態

コナダニの写真

体長…成虫:0.3〜0.5o
体色…成虫:体は乳白色で、口器と脚は乳白色、黄土色、
薄赤茶色。(種類により異なる)
ハサミ型の口器を持つ微小なダニ。
メスは1日に約13個、生涯で約150個の卵を産卵します。
繁殖力が極めて高く、環境条件が至適な場合には被害が広がり、大きな経済的損失となります。
至適環境は温度25〜30℃、湿度75〜85%とされています。

コナダニの分布と発生場所

種類により食性が異なりますが、主にカビが生えている場所や食品管理の悪い場所で発生し、カビや食品類を餌として繁殖します。
貯蔵食品のほか、医薬品、畳のワラ、室内塵からも発生します。

コナダニのサイクル図

コナダニの分布図

コナダニのサイクル図

コナダニの分布図

コナダニの発生時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
:多い :少ない
 
:ない

コナダニの被害

様々な食品を加害するほか、農作物の被害も出ています。また、多数発生するため、ダニが動いているのが肉眼でわかり、不快感を与えます。
発生時期と被害のピークは6〜8月上旬と秋〜冬にかけて多くなります。

コナダニの駆除

事前に発生を抑えるには、食品の保管容器は隙間のないよう注意すること、食品を置く床は常時清掃しておくことなどが重要です。
発生してしまった場合、コナダニは高温に比較的弱いため、煮沸、乾熱、天日乾燥などによって死滅させることができます。そして、食品をできるだけ10℃以下に保存することで、増殖を抑えることができます。ただし、低温によって死滅させることは難しいとされています。
また、畳などで被害が酷い場合は、加熱乾燥が必要となりますので、専門業者に相談することをお勧め致します。

コナダニ以外のシラミ

コナダニ、ダニ、シラミ、ノミの害虫相談 お電話・ファックスでの問合せ